Warning: Use of undefined constant ‘thumb240’ - assumed '‘thumb240’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/satyrise/tamao.co.jp/public_html/wp-content/themes/snow-leopard/functions.php on line 81
グルテンフリー食品の市場をけん引するアメリカ | これからのアンチエイジング
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/satyrise/tamao.co.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

グルテンフリー食品の市場をけん引するアメリカ

   


Warning: Use of undefined constant ‘full’ - assumed '‘full’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/satyrise/tamao.co.jp/public_html/wp-content/themes/snow-leopard/single.php on line 46
グルテンフリー

日本でもよく耳にするようになったグルテン・フリー食品ですが、実際に店舗で見かけることはほとんどなく、専門店を巡ったりやネットで検索しないと購入することが難しいですよね。

アメリカでは、グルテンフリーの食事で体重の減少をめざす、グルテンフリーダイエットが注目されており、その食品の種類も非常にバラエティに富んだものがどんどん市場に出ているようです。

今回はアメリカ在住の友達とグルテンフリーの話になったのでまとめてみました。

ではどういったものがグルテンフリー食品として人気を集めているのでしょうか。

グルテンフリーとは

ハンバーガー

まず、グルテンとは、小麦やこれに関連した穀物に含まれるたんぱく質複合体のこと。

弾性を持つのが特徴で、パンや小麦から作るその他の食品に柔軟性を持たせ、また膨張させる働きを持っています。

グルテンフリーとは、その名の通り、このグルテンを持たない食品のことを指します。

 

もともとはグルテンアレルギーをもつ方たちにむけた食品でしたが、グルテンには多少なりとも糖分が含まれており、これらをカットすることで、ダイエットにも効果的と注目されているのです。

また、グルテンを抜いた食事をすることで、疲れにくい身体になったり、睡眠がとりやすくなったりと、毎日の体調の改善に効果があることでも話題になり、今、世界中でおおきなブームになりつつあります。

 

実はわざわざ探さなくとも、いつも食卓に並んでいるありきたりの食品でグルテンフリーのものがたくさんあります。

例えば、フルーツ全般、ブロッコリー、インゲン、レタス、ニンジン、ホウレンソウといった野菜類、鶏肉、魚介類、乳製品、豆類、ナッツ類などです。

つまり、いわゆる主食になるパンやパスタといった小麦を使っているもの以外は、ほとんどすべてグルテンフリーと言えます。

穀物の中でも、お米や大豆、トウモロコシ、タピオカなどはグルテンが含まれていません。

これだけの食材でも十分に毎日の食事をグルテンフリーで楽しむことができそうですね。

ただ、時々どうしても食べたくなる焼き菓子類、例えばクッキーやケーキなどはどうしても小麦粉がベースになっているので、グルテンフリーとはいきません。

そこで、今非常に熱いのが、グルテンフリーで作るお菓子。

アメリカでは特に注目を集めています。

今、アメリカで熱いグルテンフリーのお菓子市場

グルテンフリー クッキー

日本でも、小麦粉を使わず米粉や大豆からつくったクッキーなどが良くお店で見かけるようになりました。

アメリカでは、米粉のほかにもグルテンを持たない小麦や、日本であまり聞きなれないその他さまざまな食材から作ったパイやクッキー、スナック菓子がグルテンフリー食品として普通のスーパーに並んでいます。

また、ネット販売でもグルテンフリーのみを扱ったホームページがたくさんあり、注目度が今急上昇している市場なのです。

例えば、チョコレートケーキやパイ、チップス類、マカロンなどもグルテンフリーのものが多く出回っており、人気を博しているようです。

パースニップとマーヌーカという、日本ではほとんど耳にもしないような食材をつかったグルテンフリーの食材でできたチップス。

グルテンを持たないすべてオーガニックの野菜やフルーツから作ったアイスクリーム。

お菓子だけでなく、冷凍ピザでもグルテンフリーのものが流行っているのがアメリカらしいですね。

いろんなものがフリーのアメリカ

ファットフリー アイスクリーム

このように、たくさんのグルテンフリー食品が浸透しているアメリカですが、こういった○○フリーの食品は、ダイエットにうるさいアメリカ社会ではすでに当たり前になってきているようです。

例えば、シュガーフリーやファットフリー、炭水化物フリーなどは日本でもダイエットの方法として、様々なメディアで話題になり、これまでに大流行した者もありますね。

基本的にグルテンフリーと糖質カットは別の意味になるのですが、多くの食材の場合、グルテンフリーのものには、糖分が少ないため、糖質を制限することもできるのが特徴です。

流通しているグルテンフリーのお菓子にはシュガーフリーであることも多く、効果的なダイエット効果が期待できます。

 

ファットフリー、つまり脂肪分をカットした食品には、アイスクリームやヨーグルトなど、乳製品を使ったもので、脂肪分をフリーにしたものが多いです。

これはダイエットに向けたものだけでなく、糖尿病や高血圧など、持病を抱える人にも向けた商品で、人気を集めています。

 

このように、ダイエット効果を期待できるものだけでなく、アレルギーや病気などにも有益な様々なフリー食品が多いアメリカ。

その商品展開も幅広く、ありきたりのものではないので飽きが来ないのも特徴ですね。

ただ、ものによっては、いろんなものがフリーすぎて、フレーバー・フリーまたはテイスト・フリー(味がない)なんて言われているものもあるようですよ。

 

また、こういった食品は一見健康志向の高いものと思われがちですが、糖質やグルテン、脂肪分をカットしつつ味を保障するために、添加物が多くつかわれていることもあります。

人工甘味料などはその主な例になります。

一応、現在のところは人体に影響がないと保障されている添加物ですが、やはりそこにも気を付けて食品選びをしたいですね。

結局はバランスのとれた食事が大事

栄養バランス

グルテンフリーは必ずしもダイエット目的だけでなく、体調の改善などが多く報告されています。

糖質フリーやファットフリーなど、いろいろな食事療法がありますが、結局のところ、すべての食品をバランスよくとって、健康的な食事を心がけることが大事、ということにまとめられてしまうように思います。

どんな食品でも取りすぎは体に良くないし、かといって全くとらないことも難しいですよね。

グルテンフリーの食材は意外にもたくさんあるので、挑戦してみてもいいかもしれません。

もちろん、時にはお菓子も捨てがたいですよね。

グルテンフリーのスイーツは、たくさんの種類がありますので、いろいろ試してみて、味を比較したりして楽しむことできそうですね。

まとめ

グルテンフリー

なんでもフリーにしてダイエット効果を期待するのが流行るアメリカ。

それだけ肥満が問題になっている社会ということかもしれません。

ただ、グルテンフリーは、体重を減少するということだけでなく、疲れやすい体が疲れにくくなったり、安眠を得られたリと、全般的な生活の質が上がると話題になっています。

多くの野菜にはグルテンが含まれておらず、結局は健康的な食生活をするということに集約されるかと思いますが、グルテンをカットする、もしくは量を減らすというのはより良い食事をとるための一つの目安となるようです。

また、グルテンフリーのお菓子市場はいまとても盛り上がっており、その幅広い商品が目玉となっています。

いろいろな商品を試してみるのも一つの楽しみ方ですね。

 

 

 

参考
https://celiac.org/live-gluten-free/

http://www.glutenfreeschool.com/2014/11/04/gluten-free-food-additives/

 

 - 健康, 美容 ,